糖尿病の改善に役立つ運動はいつすればいい?正しい知識で実践しよう

糖尿病の改善に役立つ運動はいつすればいい?正しい知識で実践しよう

糖尿病の改善に役立つ運動はいつすればいい?

 

 

糖尿病の改善には、適切な食事と効果的な運動療法が必要であることは多くの人が知っていることだと思います。しかし、具体的はいつどのように実践するのかを理解していなければ、治療に役立たすことが難しいです。また、間違った方法は低血糖を起こすことや病状に悪化すら招きかねません。正しい知識を身に着けることが大切です。

 

 

そこで今回は、

 

・糖尿病患者の運動は食事と関係はあるの?
・糖尿病改善の運動はいつ行うと効果的?
・血糖を下げる有効な運動にはどんな方法があるの?

 

 

についてお伝えします。

 

せっかく運動するなら体の負担が軽減できるような、効率的に効果が高い方法を実践しましょう。

 

 

 

糖尿病患者の運動は食事と関係はあるの?

 

糖尿病に治療には、食事と運動の内容が重要となります。運動するからといくらでも食べていいわけではなく、運動しないから少ししか食べないというわけでもありません。栄養バランスの取れた食事と、適切な運動が大切です。病院を受診した際に、栄養指導は定期的に行われることが多いですが、運動してくださいといわれるわりには具体的な方法を教えるなど積極的に指導することは多くありません。自分の病状とともに、なにを食べると血糖値が上がりやすいのか、運動をすると血糖値はどのように変化するのかなど体の仕組みについても知ることが必要です。
食べた後すぐにエネルギーになるのは、ごはんやパン、砂糖や果物といった炭水化物です。その次に、タンパク質と脂肪が多く、血糖値が急速に上昇する食べ物になります。血糖の上昇を気にしすぎて、偏りのある食事は禁物です。特に、人間の生命維持には炭水化物の摂取は欠かせません。健康的に治療を継続していくためにも食べ過ぎや栄養不足にならないようにしなければなりません。しかし、食事や運動は制限が必要な時があるので、主治医と相談して決めるのがいいです。

 

糖尿病の改善に役立つ運動はいつすればいい?正しい知識で実践しよう

 

 

 

糖尿病改善の運動はいつ行うと効果的?

 

 糖尿病の治療に行う運動は、体内のブドウ糖が使用されて、脂肪が燃焼することでインスリンを分泌している膵臓の働きを助ける役割があります。健康な人は食後2時間で元の血糖値になっていきますが、糖尿病患者は食直後より血糖値の上昇が始まり、食後30分〜60分程度で血糖値が非常に高くなり、そのまま何もしないと高血糖の状態が続きます。また、起床後や食前は血糖が低い状態なので、低血糖が生じる可能性があります。
食前1時間、食後1時間、食後3時間、そして運動しなかった場合の血糖値の変化について測定を行った結果の報告があります。運動の程度は最も効果があるとされている、ちょっときついと感じながらも、人との会話が行えるぐらいです。結果は、運動を行うとどの時間帯でも血糖値の減少が認められました。その中でも、食後1時間の運動が最も血糖値の上昇が抑えられることが分かりました。理由は、この時間帯は最も血糖値が上昇するときと重なるからです。つまり、このタイミングに合わせて実施することが効果的だということです。しかし、過度の運動も低血糖になる可能性があるので注意しましょう。

 

糖尿病の改善に役立つ運動はいつすればいい?正しい知識で実践しよう

 

 

 

血糖を下げる有効な運動にはどんな方法があるの?
運動の種類は全身の筋肉を使ってできるウォーキングや水泳などの有酸素運動が効果的です。一定の負荷をかけながら、酸素を十分に取り入れることができるので、細胞が活性化されて代謝が向上するからです。体内でブドウ糖が使われるのは、運動開始から10分必要だといわれています。可能であれば1回30分〜1時間の運動がより効果的に脂肪燃焼につながりますが、10分を3回に分けて行うことでも効果は得られます。運動で脂肪が燃焼しやすい体が得られても。効果は3日間程度しか持続しないので毎日実施できることが望まれますが、できない場合は1〜2日おきにしてください。
基礎代謝の向上を目的とした筋力トレーニングを行うことも有効です。この場合は食後でなくても大丈夫ですが、低血糖にならないように注意する必要があるので空腹時は避けましょう。また、仕事や家事などで日常的に運動することが困難な人は、生活のちょっとした時間に運動を取り入れることもおすすめです。通勤や買い物のとき、エスカレーターではなくて階段を使用する、目的地までいつもより長い距離を歩くなどです。家の中でも、安全に気を付けて階段を上り下りしてみる、テレビを見ながらや音楽を聴きながらなど自分の好きな時間に好きな環境で足上げ体操や腹筋運動などを行うこともできます。病状改善は、日々の少しずつの積み重ねがあってこそ実を結ぶので、忘れることなく継続することが大切なのです。

 

 

 

 

糖尿病の改善に役立つ運動はいつすればいい?正しい知識で実践しよう

 

 

 

まとめ
 運動の効果は、体調だけではなく実施する時間帯によっても変化します。インスリンが効率的に作用するためには、自分の血糖コントロールの状態を知り、運動を効果的に行うことが大切です。そのためには、食後1時間が最も適した時間帯です。しかし、毎回無理して行うことは必要ありません。長期的に継続することが必要なので、週に最低3日を目標に取り組んでいきましょう。

 

 

糖尿病の改善に役立つ運動はいつすればいい?正しい知識で実践しよう

 

 

 

糖尿病に効果的な有酸素運動。エアロバイクの実施方法とは?

 

 

 

 

 

 

こちらのサイトもオススメです。

 

【今話題!】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。