糖尿病に効果的な有酸素運動。エアロバイクの正しい実施方法とは?

糖尿病に効果的な有酸素運動。エアロバイクの正しい実施方法とは?

糖尿病に効果的な有酸素運動。エアロバイクの実施方法とは?

 

 

糖尿病の予防や改善には、有酸素運動が効果的であるといわれています。有酸素運動は酸素の取り込みが多く、細胞の中のミトコンドリアの働きが活性化されます。ミトコンドリアが活性化されるということは、エネルギーの代謝促進につながり、脂肪がより燃焼されるのです。このような運動は、毎日継続することが最も効果が得られるため、天候や環境に左右されることなく行える方法を取り入れることが望ましいです。

 

 

そこで今回は

 

・家の中でできる有酸素運動であるエアロバイク
・エアロバイクを使った運動療法の方法とは?
・エアロバイクを使用するときの注意点とは?

 

についてお伝えします。

 

エアロバイクを使って、楽しく運動ができる工夫をしましょう。

 

 

 

家の中でできる有酸素運動であるエアロバイク
運動によりせっかく脂肪燃焼しやすい体になっても3日ほど経過すると元の体に戻ってしまうといわれています。そのため、毎日継続していきたいので、自分ができるだけ楽しんでできる運動を取り入れてもらいたいと思います。家の中でできる運動として、フィットネス機器を利用する手段があります。特に家庭用のエアロバイク(自転車エルゴメーター)は足腰にかかる負担が少なく、ウォーキングよりも短時間で効率よくエネルギーが消費される有酸素運動です。転倒する心配なく、交通事故に巻き込まれることや気候の変化にも影響されません。家の中なので安心してでき、気分に合わせてテレビや映画を見ながら、音楽を聴きながらなど、ながら運動も可能です。飽きがきた時ややりたくないと思った時は自分が好きな方法で気を紛らわせながら行うことで、実施している時間が早く経過します。仕事や家事の都合で時間に余裕がない時や子供がいても、家の中なら朝早くや夜遅くなどの自分の好きな時間に取り組むことができます。
エアロバイクの種類は、初心者に適したものから上級者用のものまで多種多様です。消費カロリーや距離、スピード、心拍数などが表示される機能を持つ機種や、土台がしっかりした設置型や軽量でコンパクトな持ち運びが自由にできる折り畳み式もあります。音が気になるマンションなどであれば、静音性に優れているものを選ぶことがおすすめです。また、値段も様々です。機器を購入したことによりモチベーションの向上につながるように、予算や設置場所と相談して自分が気に入ったものを使用することが大切です。

 

 

糖尿病に効果的な有酸素運動。エアロバイクの正しい実施方法とは?

 

 

 

エアロバイクを使った運動療法の方法
エアロバイクの機能のいいところは、強度を自由に調整できるところです。負荷調整のできる機種を選びましょう。軽い負荷から始めて、慣れてきたらだんだん増やしていくことができるので、糖尿病の状態やその日の体調に合わせて負荷を変更することができます。初めは負担が大きいと思うかもしれませんが、少しずつ筋力もアップしてくるので、負担を感じることが少なくなってくるはずです。習慣になったころには、自分のペース配分が分かるようになってきます。機械の種類によっては、消費カロリーなどが表示されるので目標を立てて行うと意欲向上につながるでしょう。
運動の目安は、少し汗ばんで息切れをするが人との会話はできるぐらいがちょうどよい強度になります。毎日行うことが理想ですが、最低でも週3回を60分程度行ってください。1回の時間が長くしんどい時は、30分ずつに分けて行っても構いません。無理なく続けることが大切です。少しずつの運動であっても、継続することで確実に糖尿病改善の効果につながっていきます。

 

 

糖尿病に効果的な有酸素運動。エアロバイクの正しい実施方法とは?

 

 

 

エアロバイクを使用するときの注意点
負荷をたくさんかけた方がいいとか長い時間やった方がいいなどと思って急に強度をあげて無理をすると、膝や足に負担をかけすぎて継続できなくなります。痛みがあることは意欲が減退して、継続の妨げになります。特に、以前に膝などを痛めたことがある場合は注意が必要です。実施するときは空腹時や血糖降下薬を使用したときは避けてください。低血糖を起こす可能性があるので、食後に行いましょう。適宜水分補給を行って運動してください。
糖尿病の進行状態や合併症の程度により運動を避けることが好ましい場合や体への負担を減らした方がいい場合があります。眼底出血がある人は運動が出血を誘発する要因になることや、腎臓に障害が出ている人は腎血流量が減ることで腎機能の低下につながる可能性があります。そのため、事前に医師と相談して自分に合った方法を実践することが必要です。実施している途中へも異変があれば、すぐに運動を中止しましょう。

 

 

糖尿病に効果的な有酸素運動。エアロバイクの正しい実施方法とは?

 

 

 

まとめ
エアロバイクは、やりたいと思ったときにすぐに取り掛かることができます。周りの環境を気にすることなく実施できるので、心身の負担軽減になります。しかし、いつでもできるからと中断しやすいという欠点もあります。楽しく取り組めることが、継続する方法です。好きな音楽やテレビを見ながらと黙々と実施しているだけの時では感じる負担も違うので、いろいろ工夫をして取り組んでいきましょう。

 

 

糖尿病に効果的な有酸素運動。エアロバイクの正しい実施方法とは?

 

 

 

 

 

 

糖尿病に多いインスリン抵抗性は運動不足が原因?その理由と対処方法

 

 

 

こちらのサイトもオススメです。

 

【今話題!】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。