糖尿病を改善するには毎食後の運動がカギ!その方法とは?

糖尿病を改善するには毎食後の運動がカギ!その方法とは?

糖尿病を改善するには毎食後に運動をしましょう!

 

 

糖尿病の患者数は、平成26年度統計で約316万6,000人と過去最高の水準となり、他人事ではなくなりつつあります。糖尿病は生活習慣病とも言われ、食事の不摂生や運動不足が引き金となり、初期の場合には自覚症状に気付かず、病院へ行くのが遅れる事が多いようです。病気は知らない間に進行し、臓器や血管にダメージを与え、怖い合併症を併発する事もあります。そこで、糖尿病の特徴、予防方法、治療方法、毎食後の運動などについて考え、予防や治療に役立てたいと思います。

 

 

 

【糖尿病はどうなるの?】
糖尿病とは、血液中のブドウ糖濃度が正常な範囲を超えて高い状態(高血糖)になり継続すると発病します。初期には、自覚症状に乏しく気付かない事が多く、知らないうちに進行し血管や臓器を傷つけ怖い合併症を引き起こす危険性があります。

 

私たちは、生命活動をするために、毎日の食事から色々な栄養を取り込みます。主食となる、ご飯、パン、イモ類などの炭水化物は、胃や腸で分解されブドウ糖(グルコース)に変わり、血液に取り込まれ身体全体に運ばれます。血液中のブドウ糖濃度(血糖値)は、健康な人であれば、すい臓のランゲルハンス島にあるβ細胞で製造・分泌されるインスリンによって正常な値に保たれます。しかし、糖尿病ではインスリンの分泌量が少なくなったり、効き目が悪くなり臓器や筋肉でブドウ糖が消費できず、血液中にブドウ糖が大量に余ってしまい高血糖になるわけです。

 

糖尿病には幾つかの種類があり、T型糖尿病は、すい臓のランゲルハンス島にあるβ細胞が、ウイルス感染などにより破壊されインスリンが製造できなくなります。小児期や若年層に多く見られます。U型糖尿病は、食生活の不摂生、肥満、運動不足、ストレス、加齢などが重なり発症します。患者の約95%がこのU型糖尿病です。その他、病気や薬物により発病したり、妊娠をきっかけに発病する妊娠糖尿病などがあります。

 

原因などはそれぞれ違いますが、症状は喉の渇き、多飲、多尿、疲労感など個人差があるようです。

 

 

 

【予防するには?】

 

@ 食事
糖尿病は、食生活の乱れや肥満などが大きく関係していると言われます。そのため、予防には食事を腹八分目にすませる事が大切です。野菜などから食べ、ゆっくり時間をかけて食べると食べ過ぎるのを防げます。

 

食事をすると一時的に血糖値が上がり、すい臓からインスリンが分泌されます。そのため食事の時間が不規則だったり、だらだらと間食を続けると、インスリンの分泌が多量になり、すい臓に大きな負担がかかります。なので、一日3食を規則正しく摂り、食間は5〜6時間あけると良いですね。

 

食物の中には、炭水化物を多く含む、ご飯、パン、イモ類は、糖質が多いため血糖値を急激に上げるので、食べ過ぎに注意が必要です。逆に、食物繊維を多く含む野菜、海藻、豆類、キノコ類はブドウ糖の吸収を穏やかにするので積極的に食べましょう。

 

間食は、前の食事で上昇した血糖値が下がらないうちに、血糖値を上げる原因になるので控えるようにしましょう。また、寝る前の食事は就寝中に血糖値が上がるため、寝る前3時間は避けるのが良いと思います。

 

A 運動
運動する事で、血液中のブドウ糖を筋肉がエネルギーとして消費してくれます。また、継続して行う事で肥満の防止、筋肉の増強、基礎代謝の維持が期待でき、インスリンの効果を促進します。

 

運動は、週3〜5回、20分〜60分、計150分以上を行うと効果的と言われています。毎日の生活の中に取り入れて習慣づける事が大切です。

 

B 生活習慣
お酒は、少しなら身体に良いとも言われますが、糖質の多い種類もあり、血糖値を上げてしまいます。また、飲みすぎると食が進み肥満の原因にもなり、インスリンの分泌も増え、すい臓の負担が大きくなります。休肝日を作るなど注意して楽しみましょう。

 

喫煙、ストレス、睡眠不足は、身体の分泌するホルモンのバランスを壊すとともに、インスリンの作用を抑えるホルモンが分泌されます。日頃から規則正しい生活を心がける事が大切です。

 

糖尿病は、自覚症状に乏しい病気です。進行すると怖い合併症などを引き起こす危険性があります。早期発見するためにも定期的に健康診断を受けましょう。

 

 

糖尿病を改善するには毎食後の運動がカギ!その方法とは?

 

 

 

【治療はどうするの?】
糖尿病になってしまったら、医師の指導により次の様な治療を行う必要があります。

 

@ 食事療法
体重、活動量、年齢により個人差はありますが、一日の摂取カロリーを決めバランスよく食事を摂る事です。糖尿病の方は、肥満の体系が多く見られことから、体重を減らす努力をする必要があります。一般的に一日の摂取カロリーを、1,600Cal以下にする場合が多いようです。同時に、バランスのとれた食事でなければ、逆に体調を壊す原因になるので注意が必要です。

 

また、お酒が好きな方や、甘いものが好きな方には少し苦しい治療だとも言えますね。しかし、糖尿病を悪化させず、合併症を防止するためにも努力が欠かせません!

 

A 運動療法
運動療法は、食事療法とともに行う事が効果的と言われています。適度な運動をすることによって、肥満を防止し基礎代謝の促進、筋肉の維持など糖尿病を改善する効果が期待できます。また、インスリンの働きが良くなり、血糖値の上昇を抑える効果があります。

 

運動は、散歩(早や歩き)、軽いジョギングなどが一般的で、激しい運動は身体に悪影響を与える可能性もあるのでお勧めできません。目安として、週3〜5回、20分〜60分、計150分以上を習慣にすると良いでしょう。まずは、少しずつ休みながら行い、自分の体調に合わせて進めて行きましょう。

 

薬物療法をしている方は、低血糖などの体調不良を起こすこともあるので、必ず医師の確認を受けてください。

 

B 薬物療法
食事療法及び運動療法を行い、目標の血糖値が得られなければ薬物療法を組み込みます。(T型糖尿病の方は、最初から薬物療法となります)

 

最初は、経口血糖降下剤などを少量から始め、インスリン自己注射などに進みます。注意点は、体調に異変があればすぐに医師へ連絡する事です。

 

 

糖尿病を改善するには毎食後の運動がカギ!その方法とは?

 

 

 

【運動は毎食後がベスト!】
 糖尿病の人が何故運動をするのかは、だいたい理解できたと思います。運動をすることで何を目指すのかと言えば、食後に上昇した血液中のブドウ糖濃度(血糖値)を正常な範囲内に下げる事です。運動をして筋肉を使えば、ブドウ糖がエネルギーとして消費され血糖値が下がるのです。

 

普通食事は、一日3回摂りますよね。食事の後だいたい2時間後くらいが、血糖値のピークだと言われます。したがって、理想は(あくまで理想ですよ)食後2時間の間、運動を行うと血糖値が急激に上がらないと言う事です。しかし、仕事やライフスタイルの関係で無理な方がほとんどだと思います。

 

開いた時間を上手に利用して、ストレッチでもよいので、身体を動かす習慣をつけたいものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのサイトもオススメです。

 

【今話題!】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。