糖尿病治療のための知っておくべき効果的な運動の内容とは?

糖尿病治療のための知っておくべき効果的な運動の内容とは?

糖尿病治療のための効果的な運動の内容とは?

 

 

近年では、糖尿病の患者数が増えているようです。交通機関の発達などで歩くことも少なくなり、食生活では、多種多様な食べ物に囲まれ充実した生活となりました。また、生活環境では仕事や家庭での、ストレスも多くなったのではないでしょうか?いずれにしても、生活習慣病である糖尿病の要因が、気付かないうちに増えているという事ですね!糖尿病の予防や治療のために、糖尿病を良く理解し、治療のための運動とその内容について学んでいきましょう!

 

 

 

《糖尿病の特徴とは?》
糖尿病の種類と原因

 

@ T型糖尿病
小児期から若年層に多く発症する事が多いようです。現在でも、はっきりした原因は分かりませんが、ウイルスの感染後に、すい臓のランゲルハンス島にあるβ細胞が壊されてしまい、インスリンを製造・分泌できなくなり発症します。数日から数週間で重症化するようです。

 

A U型糖尿病
糖尿病患者の約95%がU型糖尿病で、原因は遺伝的要因、肥満、運動不足、ストレス、加齢などのさまざまな要因が重なり発症すると言われています。別名「生活習慣病」とも言われ、日常の生活習慣の乱れが原因だとも言えます。T型とは違い、インスリンは製造・分泌されますが、インスリンの分泌量が少ない、インスリンの効き目が悪い、受容体の働きが悪いなどの理由が挙げられます。

 

B 妊娠糖尿病
女性が妊娠をきっかけに発症します。妊娠する事で、ホルモンのバランスが壊れインスリンの抑制ホルモンが異常になり発症します。
私たちは、生活するために食事を摂る事で、エネルギー源であるブドウ糖を血液中に取り込みます。ブドウ糖は、身体全体に運ばれ、主に筋肉や肝臓でエネルギーとして消費され、一部はグリコーゲンとして蓄えられます。この時、インスリンの作用が悪いと上手にブドウ糖が取り込まれず、血液中に多く留まり高血糖(ブドウ糖濃度が高い)の状態が継続します。この状態の事を「糖尿病」と言います。

 

 

糖尿病治療のための知っておくべき効果的な運動の内容とは?

 

 

 

《糖尿病の治療方法とは?》

 

@ 食事療法
基本的な考え方は、自分が一日に消費するカロリー分だけ食事を摂ると言う事です。当然個人差があり、体重、一日の活動量、性別、年齢などを考慮して行います。肥満の方は、まずは減量する事が求められます。それは、肥満がインスリンの作用を低下される要因の一つだからです。一般的には、一日の目安が1,600Cal以下で医師の指導があるようです。同時に、カロリーに注意するだけではなく、栄養のバランスを考えなければ、逆に体調を壊す原因になるので注意しましょう!

 

A 運動療法
糖尿病と診断されると、食事療法、運動療法の両方を指導されます。血液中のブドウ糖濃度を下げるには、どちらも欠かせない治療方法だからです。運動をすることで、基礎代謝が上がり、筋肉や臓器でブドウ糖がエネルギーとして消費され、インスリンの効き目が改善される効果があるからです。目安としては、週3回以上、20分〜60分行うと良いでしょう。

 

B 薬物療法
食事療法と運動療法で期待する効果が得られなかった場合、最初は少量から経口血糖降下剤などを服用し、血糖値が安定しない場合は、インスリン自己注射などを追加します。重要なことは、医師の指導に従い分量や時間を正しく守る事です。

 

 

糖尿病治療のための知っておくべき効果的な運動の内容とは?

 

 

 

《運動の内容は?》
まず運動の種類ですが、有酸素運動の散歩、自転車、ジョギングなどを中心に行い、無酸素運動の筋肉トレーニングなどと組み合わせると効果が上がります。身体の状態としては少し息切れがするが会話はできるくらいが良いでしょう。運動は、基本的には毎日するのが良いのですが、無理な場合はせめて週に3日以上は行いましょう。
また、運動の時間が取れない場合は、日常の生活の中で身体を動かす習慣を身に着けると良いです。例えば、一駅分は歩く、エレベーター・エスカレーターは使わないなど工夫をしてみましょう。

 

例・・・散歩なら90分
早歩き、自転車なら60分
軽いジョギングなら30分

 

運動は無理をしないで継続する事が大切です。また、薬物療法をしている方は、低血糖の危険もあるので、ブドウ糖飴や甘い飲み物を携帯しましょう!

 

 

糖尿病治療のための知っておくべき効果的な運動の内容とは?

 

 

 

《まとめ》
糖尿病は、初期症状に乏しい病気であり、自分で気づかないうちに進行します。症状が出ると、喉の渇き、多飲、多尿、いつも通り食べるのに痩せる、疲労感などがあり、心当たりがあれば血液検査を受けてください。

 

糖尿病が怖い病気だと言われる理由は、治療をせずそのままにしておくとやがて、血管や細胞に大きなダメージを与え、さまざまな病気を引き起こすからです。代表的なものは、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経症があり、進行すると失明や人工透析をすることになります。その他に、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞にもなる可能性が高くなるそうです。

 

糖尿病予備軍の方や、糖尿病初期の方は「食事療法」「運動療法」を毎日の生活の中に習慣づければ、悪化する事もないし、「薬物療法」をしなくて済む場合が十分に考えられます。面倒だと思わずに努力すれば、必ず良い結果が出るでしょう。糖尿病の患者の方は大勢います。気持ちをしっかり持ち頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

こちらのサイトもオススメです。

 

【今話題!】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。