糖尿病を絶対に治す!効果的な運動療法まとめ

糖尿病にはなぜ運動療法が重要?その理由と必要性について

糖尿病にはなぜ運動療法が重要なのでしょうか?その理由と必要性

 

日本の糖尿病患者の9割以上を占めるインスリン非依存型糖尿病は、運動不足や食べ過ぎなどによる生活習慣の乱れが原因で発症する人が多くいます。自覚症状がないまま進行して、知らないうちに全身を破壊していく恐れがあります。また、完治が困難であるとともに生活の質を下げ、末期には生命すらも脅かす病気です。

 

治療には薬物療法を併用することがありますが、基本的には食事療法によってエネルギーの摂取を制限することと、運動療法によってエネルギーの消費を増加させるなどの生活習慣の改善です。特に運動はインスリンの効果を高めることにつながるので、インスリン依存型糖尿病患者にも有効な手段です。

 

また厚生労働省の調査結果によると、毎日1時間程度の運動を実施している患者はしていない患者と比較して、死亡や脳卒中発症のリスクがほぼ半減するという報告がされています。

 

 

そこで今回、

 

・糖尿病に運動が必要な理由とは?
・糖尿病と運動のつながりとは?
・運動するときに注意すること

 

これらのことについてお伝えします。
正しい知識と適切な方法で体調管理を行い、糖尿病の悪化を防ぎましょう。

 

糖尿病を絶対に治す!効果的な運動療法まとめ

 

 

 

糖尿病に運動療法が必要な理由

 

食事から得られた炭水化物は体内でブドウ糖に変化します。ブドウ糖が吸収されると血糖値が上昇しますが、通常であればインスリンの働きで時間とともに血糖値は正常に戻ります。

 

しかし、糖尿病の場合はインスリンが効かないまたは効きにくい状態であり、血糖の調整がうまく機能できないので慢性的に高血糖状態が持続することになります。高血糖状態が持続することは様々な障害を引き起こしますが、特に血管に大きなダメージを与えます。

 

傷つけられた血管により、糖尿病の3大合併症といわれている糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害になり、最悪の場合は腎不全による透析導入の必要性、失明、足の切断などに至る場合があります。

 

また、糖尿病は発症した時には肥満や糖代謝の異常、動脈硬化を併発していることが多く、特に動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞の危険因子になるので命と直結します。

 

そのため、適切な血糖値のコントロールが重要であり、そのためには生活習慣の改善なくしては糖尿病の治療を進むことはできません。特に運動は、血液中の血糖値を下げる働きとインスリンの効果を高める役割を担っているため可能な限り積極的に実施することが望まれます。

 

軽度の場合は運動療法で大きな改善が見込め、既に進行している場合にも合併症や悪化を予防することにつながるからです。

 

 

糖尿病を絶対に治す!効果的な運動療法まとめ

 

 

 

糖尿病と運動のつながり

 

 運動を継続的に行うと、体内で初めは筋肉に蓄えてあるグリコーゲンをエネルギー源として消費します。そして、時間がたつと血中のブドウ糖がエネルギー源として直接筋肉に取り入れられて利用されます。

 

つまり、運動はブドウ糖の消費を促進させ、血糖値を抑制する働きがあるということです。

 

また、筋肉や脂肪組織のインスリンの感受性も活性化させるので、インスリンを分泌させる膵臓の負担が軽減でき、血糖コントロールに役立ちます。

 

逆に、運動不足では筋肉が刺激されないのでブドウ糖の代謝が悪くなり、インスリンの効果も低下するので、血糖コントロールがうまくできなくなるわけです。

 

また、運動不足は肥満の直接的な要因です。糖尿病患者にも内臓脂肪が多い肥満の人がたくさん存在しています。そのため、運動による脂肪の燃焼はエネルギー摂取と消費のバランスを保つことができるので、欠かすことができない治療方法になっています。

 

このように運動は、血糖値を下げる、体重減少につながり肥満を改善する、心肺機能や血液循環の働きを高める、体力が向上することで継続した運動を実施できるなど糖尿病の改善に役立ちます。そして、後に訪れるかもしれない合併症を予防することにもつながります。

 

 

糖尿病を絶対に治す!効果的な運動療法まとめ

 

 

 

運動療法で気を付けること

 

人によっては、血糖のコントロール状態や合併症のために運動を制限しなければならない場合や運動によって病気を悪化させることがあります。運動療法を実施する前に必ず主治医に相談して、自分に合った正しい運動方法を守って実施するようにしましょう。

 

 基本的に注意することは、体調に合わせながら無理しないことです。ウォーキングなどの有酸素運動は脂肪燃焼を促し、血液中のブドウ糖を消費するので血糖を下げる効果的な方法です。しかし、いきなり激しい運動を行うことはしないで、軽い運動から少しずつ量を増やしていくことが必要です。

 

普段エスカレーターやエレベーターを使っていたなら階段にしてみることや歩ける距離なら車を使用しないことなど、意識的に生活の中に取り入れることを心がけます。

 

運動する時間帯は、空腹時はエネルギー消費がうまくいかず、時には低血糖を起こす場合があるので避けましょう。

 

また、食後すぐの運動は心臓への血液の量が減少しており、体への負担が大きくなります。

 

そのため、食事による高血糖状態を抑制する効果がある食後30分から1時間経過したくらいに始めることをお勧めします。

 

運動は短期間では十分な効果が現れません。習慣化して、継続することが大切なことです。

 

 

糖尿病を絶対に治す!効果的な運動療法まとめ

 

 

 

まとめ

 

 糖尿病患者は、運動によって効果的に血糖コントロールを行うことができることが分かりました。しかし、運動を継続させることは簡単なことではありません。病気についての正しい理解を持ち、自分に合った適切な方法を医師とともに相談しながら取り入れていくことが重要です。

 

 

糖尿病を絶対に治す!効果的な運動療法まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

以下のサイトもぜひ参考にしてみてください。

 

糖尿病になってしまった…!!糖尿病におすすめの運動ってある?